img20190930233926145313.jpg

五徳山水澤寺と水沢うどん

 

 「水沢うどん」は、群馬県伊香保温泉水沢の五徳山水澤寺門前で参拝者に出される伝統のうどん。 水澤寺は、坂東三十三番札所・水澤観音として知られ、一千三百余年前に創建されました。 水澤寺の創建に尽力した高麗からの渡来僧・恵灌僧正がうどんの製法を正伝授したと伝わっています 伊香保温泉のシンボル石段街ができた天正四年(1576)ころに湯治客や水澤観世音の参拝に 訪れる善男善女をうどんでもてなしたのが「水沢うどん」の始まりといわれ、現在に至っております。
 

 
うどん茶屋水沢万葉亭 水沢うどんのご案内